開演の時は来た!

ミュージカルに関する情報が満載!



ミュージカル初心者はロングランのものから見るといい

ミュージカルは、分かりやすく言うと歌や音楽と演劇が一体となったエンターテイメントです。
歌手のコンサートに行って歌を聞くことが趣味の人もいるでしょうし、演劇を見るのが大好きという人もいるはずです。
それぞれ、生のステージや舞台を見ると、テレビとは違った迫力に圧倒されることでしょう。
ミュージカルは、それを同時に楽しむことができるエンターテイメントですので、歌が好きな人も演劇が好きな人も楽しめると言われています。
もちろん海外の本場で行われている興業を見に行くのは有意義なことですが、ヒットした演目は日本での講演も行われることが一般的です。
そのため、日本にいても数多くのものを見ることが可能でしょう。
特に大ヒットした演目については、何回も、何年も興業されているものまでありますので、見逃したと思っている人でも全く問題ありせん。
そして、これからミュージカルの楽しさを知ってみようと考えている人も、こういったロングラン興業が行われているものを選んでまずは見に行ってみるといいでしょう。
長く興業されているものは、多くの人がから愛される名作ともいえます。
まずは、その名作から入っていくことによって楽しさを知り、慣れてきたらいろいろな演目に広げていくのがいいでしょう。

歌と踊りが魅力のミュージカル

舞台演劇のひとつであるミュージカルは、役者による歌やダンスのシーンが特徴となります。
演劇の形式としては比較的新しいものであるため、定番の形式はなく、いろいろな演出が試みられています。
2幕構成がよくみられますが、歌やダンスの部分と通常の演劇の部分の時間的配分は演目や演出担当者により大きく変わります。
開演中のBGMは、バンドやオーケストラによる生演奏がよく使われます。
代表的な演目としては、「レ・ミゼラブル」や「屋根の上のヴァイオリン弾き」などがあります。
ミュージカルは、アメリカやイギリスで積極的に興行が行われています。
特にニューヨークのブロードウェイは多くの劇場が集まっていることで有名で、ロングラン上演もめずらしくありません。
ブロードウェイのような場所で上演される演目は人気作がほとんどで、新しい演目や経験の浅い役者は小劇場や地方公演に活動の場を求めます。
日本の場合は、ミュージカルはあまり盛んではありません。
劇団や芸能事務所によって上演されていますが、通常の演劇もふくめて観劇人口はアメリカやイギリスほど多くはありません。
しかし近年では、人気の漫画やアニメを題材とした演目の上演が続いており、新しい形式として注目を集めています。

注目サイト

医療用ウィッグ
http://www.kabri.jp/
日本橋 歯医者
http://alive-dc.jp/
キャットフード ランキング
http://www.melissakitchow.com/ranking
プロポーズ 大阪
http://www.enjoy-propose.com/
年賀状印刷
https://www.nenga.co.jp/
育毛剤
http://k.futol.net/
不妊
http://www.hanabusaclinic.com/

Last update:2015/8/28

Copyright(C) 2015 開演の時は来た!.com All rights reserved.